乳児用水は何歳まで使えばいいの?

水道水の水は以前よりは汚染されていると言われています。水道水の水源となっている場所は以前よりは汚染されていて、これは近代化が進んだ世の中では避けては通れない問題となっています。産業が発展するたびに、日本の川や海の汚染が続いていています。
そんな中、乳児に飲ませるミルクに使用する水も汚染が続いている水道水を利用するよりも、乳児専用の水を使用したほうがいいと言われています。もちろん水道水は汚染されたまま私達の家庭に届けられるわけではありませんが、水道水を浄化させるためには多くの薬品が使われているのも事実です。水道水以外の水には普段私達が買って飲んでいるミネラルウォーターがありますが、ミネラルウォーターは、もちろんきちんとろ過されて浄化された上で販売されていますが、ミネラルウォーターにはミネラルが多く含まれているため、乳児に対しては栄養分が多すぎて適していないと水だと言われています。
乳児用水を飲ませなければいけない年齢は大体1歳までで、それを過ぎれば水道水でいいとは言われていますが、乳児用水は体にも優しく大人が飲んでも大丈夫な水で、料理などにも使用することができるので、継続して飲んでも全く問題はないと言われています。