乳児用水に天然水は適しているの?

乳児の食料は粉ミルクです。その粉ミルクを作る時には、必ず水を必要とします。乳児に食事を与える時には、きちんとした水を選ばなければいけません。最近では、水道水は乳児用水には適していないということが言われていて、その原因は水道水に含まれる塩素が原因で、発がん性があるトリハロメタンを取り除かなければいけないということも言われています。以前であれば水道水でも煮沸すれば安全だと言われていたのですが、最近では水道水の水源の汚染が目立っていて、水道水は乳児用水には使用しないほうがいいと言われています。
今では多くの人がミネラルウォーターをミルク用の水として使用しているのですが、乳児の飲み水にはミネラルウォーターの硬水は使わない方がいいと言われています。硬水を乳児ミルク用の水に使用することで、赤ちゃんの腎臓に大きな負担を与えることにつながります。さらにミネラルウォーターの軟水でも、必ずしも乳児用水として適しているわけではありません。ミネラルウォーターは粉ミルクの栄養バランスを崩す恐れがあります。その理由は、ミネラルウォーターはオゾン殺菌や紫外線殺菌などの処理が施されていて、ミネラル分を調整された、人工的に作られた水です。それに対して天然水は、ろ過、加熱処理、沈殿物の処理以外は余計な処理を施さないで、自然の恵みをそのまま頂くことができるので、こちらの方が乳児用水として良いと言われています。