乳児用水は浄水器を利用すれば大丈夫なの?

妊娠中のお母さんは、お腹の赤ちゃんに十分な栄養を与えるために、食生活には十分に気を使っていることだと思います。食事のバランスだけではなくて、食品添加物の少ないものや有機野菜など、赤ちゃんのために体に良いものを採ろうと心掛けていることだと思います。
しかし赤ちゃんにはお母さんが食べる食物だけではなくて、お母さんが飲む水の影響も受けます。さらに生まれたばかりの乳児は、母乳かミルクが栄養になるために、その小さな体の割にはたくさんの水分を摂取しています。生後1ヶ月の赤ちゃんでも1日に600mlから800mlのミルクを飲みます。ミルクの大部分は水なので、赤ちゃんには有害物質の入っていない安全な水を飲ませてあげたいものです。
お母さんが母乳で育てる時にも、同じくお母さんも有害物質の入っていない安全な水を飲む必要があります。私達が最も利用している水道水の水源では、いろいろなところから有害物質が侵入してきています。浄水場ではたくさんの科学薬品が使われています。このような環境では、水道水に安全性を求めることは不可能で、そこで有害物質から身を守るために浄水器がありますが、浄水器にもいろいろな種類があり、正直蛇口取り付けタイプの簡易な浄水器では、性能的に乳児やお母さんの安全性を確保するにはいささか不安でおすすめできません。
そこで安全な水を飲むためにおすすめなのがウォーターサーバーで、今では数多くのウォーターサーバー会社があるので、その中からできるだけ安全な水を選んで飲むことをおすすめします。